【2021年】失敗しないiPadの選び方ガイド!

iPadにM1チップが搭載されたけど、macOSが使えるようになるの?

Macと同じM1チップがiPad Proに搭載

新型iPad Pro 12.9 (第5世代)と、iPad Pro 11 (第3世代)が発表されました!

そして最も驚いたのが、Macと同じ「M1チップ」を搭載していること。

これまでのiPadの処理性能も優秀でしたが、M1チップを搭載することで、Macと並ぶ性能になったのは衝撃ですよね。

そして気になったのが、

ウサノケンタ

Macと同じチップを搭載しているってことは、iPadでもmacOSが動くようになるんじゃ…!?

完全に個人的な意見の記事になりますが、ちょっと予想や願望を記事にしてみました。

iPad ProでもmacOSが動く可能性はある?

技術的にはできそうな気がする

個人的の考えですが、技術的にはiPad ProでmacOSを動かすことはできるんじゃないかと思っています。

チップがMacと同じものですし、メモリ容量もM1 Macと同じ8GB〜16GBの大容量なものが搭載されているからです。

ウサノケンタ

もうiPadの皮を被ったMacと言ってもいいくらい(笑)

また、充電ポートもThunderbolt対応のUSB-Cポートになったので、幅広い周辺機器に対応できそうですよね。

ただし、実際に採用されるかは難しそうな気がする

技術的には可能だったとしても、実際にAppleがiPadにmacOSに対応してくるかは微妙そうな気がします。

iPadでmacOSが使えるようになると、MacBookの立ち位置が微妙になりますし、Appleとしても売り上げに大きく影響する可能性もあります。

Macと同じM1チップを採用してきたのは、製造コストを抑えるのが目的の可能性もありますよね。

次期iPadOSに期待!

macOSが実際に動くようになるかは、現実的にはなさそうな気がしますが、この性能を使った何かが、今後のiPadOSであるんじゃないかと気になっています。

例えば、M1チップを搭載したMacでは一部のiOS/iPadOSのアプリが使えますが、その逆で一部のMac用のソフトがiPadで使えるようになるとか、高性能な動画編集ソフト「Final Cut Pro」が使えるようになったりとか。

僕個人の妄想でしかありませんが、Macと同じ性能になったことで、iPadの可能性がより広がったのは間違いないです。

ウサノケンタ

次期iPadOSの発表が楽しみになってきた!