【2021年】失敗しないiPadの選び方ガイド!

【iPad】Magic KeyboardとSmart Keyboard Folioの使い分けが結構いい件

iPad用キーボードケースは「Magic Keyboard」「Smart Keyboard Folio」の2種類ある

iPad Pro及び、iPad Airには、キーボードケースがあります。

  • Magic Keyboard (キーボード・トラックパッド付き)
  • Smart Keyboard Folio (キーボードのみ)

「Magic Keyboard」は、キーボードとトラックパッドが搭載されていて、iPadでMacBookのような操作が可能です。

「Smart Keyboard Folio」は、キーボードのみとなりますが、Magic Keyboardよりも軽量でタブレットとしても使いやすいのが特徴。

ウサノケンタ

そしてMagic KeyboardとSmart Keyboard Folioどちらにも一長一短があり、どっちがいいのか今でも迷います…

変人かもしれないけど、Magic KeyboardとSmart Keyboard Folioを使い分けるのがなかなかいい

Magic Keyboardを購入してから1年ほど経過した今、辿り着いたのが、2つのキーボードを使い分けるというマニアックな使い方。

贅沢ではありますが、2つのキーボードを使い分けることで双方の弱点を克服できました。

ウサノケンタ

そのマニアックな使い方の魅力を紹介していきます!

ガッツリ作業したいときはトラックパッド搭載の「Magic Keyboard」

  • トラックパッドでカーソル操作が快適
  • MacBookシリーズと同じシザー方式のキーボード
  • 装着すると1kgを超える重量
  • キーボードを本体裏側にひっくり返して使えない

ガッツリ作業したいときは、Magic Keyboardで作業すると快適!

トラックパッドによる操作と、MacBookと同じシザー方式の本格派キーボード

Magic Keyboardには「トラックパッド」があるのでカーソルの操作がスイスイ。

そしてMacBookシリーズと同じタイプのシザー方式のキーボードで、非常に心地のよいタイピングも可能です。

ウサノケンタ

MacBookに近い操作ができますよ!

iPad本体よりも重い重量

Magic Keyboard単体の重量
Magic KeyboardとiPad Proの重量

残念なことは、iPad本体よりも重たいこと…

11インチ用のものでも600g以上あり、本体と合わせると約1.1kgに…

11インチならまだいいですが、12.9インチ用となるとMacBook Airよりも重くなってしまうので、持ち運ぶのにはちょっとしんどく感じるかもしれません。

カバーをひっくり返して使うことができない

またMagic Keyboardは、一定の角度までしか開くことができないため、キーボード側を本体の裏側までひっくり返して使うことができません。

タブレットとして手で持って使いたい時やApple Pencilを使いたい時は分離させて使うしかないんです。

外出先で使いたいときは軽量でタブレットとしても使いやすい「Smart Keyboard Folio」

  • Magic Keyboardの半分程度の重さ
  • キーボード側を本体裏側にひっくり返して使えて、タブレットとして使いやすい
  • そこそこ打ちやすいキーボード
  • トラックパッドがない

Magic Keyboardはパソコンに近い操作性ができますが、「重い」「タブレットとしては使いにくい」というデメリットがありましたが、 Smart Keyboard Folioは真逆の性格のキーボードケース。

Magic Keyboardの半分程度の重量

Smart Keyboard Folio単体の重量
Smart Keyboard FolioとiPad Proの重量

まずSmart Keyboard Folioは、Magic Keyboardの半分ほどの重さで軽量!

カバーだけで300gで、本体と合わせても800g程なので、持ち運びも楽々です。

キーボードが不要なときは裏側にひっくり返して使える

またキーボードを本体の裏側に回して使うこともできるので、タブレットとしての使いやすさはまったく犠牲になりません。

手で持ってウェブサイトを見るときや、電子書籍を読むときもケースを装着したままでもOK!

Apple Pencilとの相性もいいですね!

キーボードは、ナイロン素材で覆われた少し変わったキーボード。

Magic Keyboardのキーと比べると、打ちやすさはやや劣りますが、意外と心地よくタイピングができます。

キーの周りに隙間がないので、埃やゴミの侵入しにくいので、外ではこちらのほうが安心。

トラックパッドはありませんが、iPhoneなどのタッチ操作に慣れていれば、タッチパネルでも十分操作できます。

ウサノケンタ

必要なときだけ「Bluetoothマウス」を使うという方法もあります!

マグネットだから付け替えが簡単、充電も不要

Magic Keyboardも、Smart Keyboard Folioも、マグネットでピタッとくっつけるだけで装着できるので、付け替えは簡単にできます。

そのため、普段はMagic Keyboardを装着しておいて、出かけるときにサッとSmart Keyboard Folioに付け替えるのも容易。

またどちらも「Smart Connector」でiPad本体から給電できて使えるため、Bluetoothキーボードのように充電したり、ペアリングする必要もありません。

【デメリット】お金が結構かかる

残念な点は、どちらも高額(とくにMagic Keyboard)なので、2つ揃えると結構なお金がかかります。

普通にエントリーモデルのiPadが購入できてしまう金額がかかってしまうので、iPadを一日中使う人じゃなければおすすめできません…!

まとめ

  • ガッツリ作業したいときはMagic Keyboard
  • 持ち運びしたいときは軽量なSmart Keyboard Folio
  • マグネットで付け替え簡単
  • お金がかかる

Magic Keyboardと Smart Keyboard Folioを使い分けるメリットをまとめてみました。

ただ2つとも購入するのは高額なので、僕みたいなiPadマニアじゃない限りは、どちらか片方でいいと思います…(笑)

僕のように迷って決められない方は、「Smart Keyboard Folio」に「Bluetoothマウス」を組み合わせるのも結構おすすめです。

ウサノケンタ

カーソルも操作しやすいですし、タブレットとしての使い勝手も犠牲にならないので、万能な使い方ができます!
Magic Keyboardもいいけど「Smart Keyboard Folio+マウス」の組合せもいいよ【iPad】