【2021年】失敗しないiPadの選び方ガイド!

新型iPad Proの5Gは「Sub6ミリ」ミリ波じゃないけど大丈夫?

2021年モデルでもある、「iPad Pro 11インチ (第3世代)」と「iPad Pro 12.9インチ (第5世代)」が登場しました。

M1チップの搭載など驚くことも多いのですが、「Wi-Fi + Cellularモデル」の新型iPad Proは、iPhone 12シリーズと同じく「5G」の通信にも対応しています。

日本で販売のiPad Pro 2021は「Sub6」、米国のみ「ミリ波」

「Sub6」と「ミリ波」の違い

ミリ波Sub6
速度超速い速い
電波短い長い

簡単に言うと「速度」が違います。

「Sub6」は4Gの通信の延長をしたような通信方式で、設備の導入のしやすさと、安定した通信がしやすのが特徴ですが、速度は「ミリ波」には劣ります。

対して、「ミリ波」は「Sub6」よりもより高速な通信ができますが、電波が届きにくかったり、設備にコストがかかるというデメリットがあります。

米国で販売のiPad Proのみ「ミリ波」

日本国内のiPad Proは「Sub6」ですが、米国で販売のモデルは「ミリ派」となるようです。

恐らくその国の環境に合わせてるからですね。

現状、通信環境が整ってないのであまり気にしなくていいと思う

今販売されている5Gスマートフォンの多くが「Sub6」ですし、そもそもSub6でのエリア自体もまだまだ狭いです。

実際にiPhone 12 miniをドコモ回線で使っていますが、ほとんどが4Gで5Gは滅多に繋がっていません(笑)

まとめ

  • 「Sub6」よりも「ミリ波」のほうが通信速度が高速
  • 日本では現状Sub6の端末で十分
  • 5Gのエリア自体がまだまだ狭い

iPhone 12と同様にiPad Proも「Sub6」の5Gで、ミリ波じゃないことに残念に思われた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし現状まだまだ5Gの通信設備が追いついていないため、正直あまり気にしなくていいと思います!