【2021年】失敗しないiPadの選び方ガイド!

M1チップ搭載の新型「iPad Pro」発表!5GやThunderboltに対応

Appleは、現地時間4月20日に、新型「iPad Pro」を発表しました!

形状はほとんど変わらないものの、チップにMacで大好評だった「M1」チップを搭載されるなど、中身は大幅に進化しています。

新型iPad Pro (2021)の特徴

Macでお馴染みの「M1」チップで最大50%高速に

新型iPad Proでは、Macで大好評なApple独自開発の「M1」チップが採用されました!

  • CPU 8コア
  • GPU 8コア
  • Neural Engine 16コア

となり、CPUは最大50%速いパフォーマンス、グラフィックも最大40%高速とのことで、前モデルよりも性能が大きく向上しています。

RAM容量が最大16GB

これまでiPadではメモリ容量(RAM容量)は公表されていませんでしたが、Macと同じM1チップになったことからか、メモリ容量も公式に記載されるようになりました。

そしてストレージ容量によって容量が異なります。

  • 8GB RAM:128GB、256GB、512GBストレージ搭載モデル
  • 16GB RAM:1TBまたは2TBストレージ搭載モデル

1TB以上のモデルでは、16GBも搭載…!

12.9インチモデルのみ、ミニLEDディスプレイの「Liquid Retina XDR」を採用

12.9インチモデルには、「Liquid Retina XDR 」と名付けられたミニ LEDディスプレイを搭載。

これによりフルスクリーンの最大輝度1,000ニト、ピーク輝度1,600ニト(HDR)、100万:1のコントラスト比を実現しています。

バックライトに使われるミニLEDの大きさは従来の120分の1のサイズで、1画面の中に10,000個の数が詰められているらしいです。

Wi-Fi + Cellularモデルは「5G」の通信に対応

Wi-Fi + Cellularモデルでは、iPhone 12シリーズから採用された「5G」通信に対応しています。

まだまだ対応エリアが少ないというのはありますが、対応エリアであれば超高速に通信することができます。

Thunderbolt採用で、外付け機器との通信がより高速に

端子は、USB-C端子と変わらないですが、「Thunderbolt」規格に対応。

これにより最大40Gbpsの通信ができるようになり、外付けストレージとのデータの移動がより高速になったり、Pro Display XDRを6Kのフル解像度をサポートするようです。

Magic Keyboardに新色「ホワイト」が追加

2020年モデルと一緒に登場した「Magic Keyboard」に、新たに新色「ホワイト」が追加されました。

ちなみに現在販売されているMagic Keyboardは変わっていないようで、そのまま新型iPad Proでも使えるようです。

明るい色のMagic Keyboardもいいじゃないか…!

4月30日から注文受付開始、5月後半に発売

注文は4月30日からで、発売は5月後半です。
今回、発表直後からの販売ではありませんでした。

価格は11インチモデルが94,800円(税込)から、12.9インチモデルが129,800円(税込)からとなります。

(Via・Image:Apple