【2021年】失敗しないiPadの選び方ガイド!

有機ELディスプレイを搭載したiPadが2022年登場か

Appleは「mini LEDディスプレイ」を搭載したiPad、MacBookの発売を計画しているようですが(早ければ2021年?)、2022年には一部モデルに「OLEDディスプレイ(有機EL)」を採用する可能性があると情報も出てきました。

iPhone 12シリーズは全てのモデルがOLEDディスプレイ(有機EL)を採用しましたが、Appleは一部のiPadにもOLEDディスプレイを搭載する計画をしているそうです。

有機ELが採用されるのは「iPad Air」?

台湾のメディア「DIGITIME」が、10.9インチOLEDを搭載したiPadが2022年初頭に登場すると報じています。

10.9インチとなると、現在販売されている「iPad Air (第4世代)」と同じ画面サイズとなるため、「iPad Airに有機ELが搭載されるのでは」と噂されています。

ただし「mini LED」よりも「有機EL」のほうがコストが高いとされているため、個人的には「有機ELが搭載されるなら、Airではなく、ハイエンドモデルのiPad Proに搭載されるんじゃないかな?」と思いました。

いずれにしても、mini LEDやOLEDなどの画面の噂を多く聞くようになってきたので、次期モデルではディスプレイの進化が期待できそうですね。ただし確実に値上がりそうで怖いですが…

ウサノケンタ

OLEDディスプレイのiPadで写真や動画を見たら凄いだろうな…!